*2017年5月のレッスン可能日:5/9(火),23(火),30(
火),31(水)で、午前 9:30~12:30  午後 13:30~16:30

*ウェディングアルバムキット販売中! 記事はこちら⬇

連絡先:katypartythai☆i.softbank.jp
☆を@に変えてメールにてお問い合わせくださいませ。Facebook、やLineでも登録されていればOKです。
よろしくお願いいたします♪

2016/10/27

パパの本帰国、そして認知症の実父、徘徊する!

こんにちは。
今月上旬に約4年半私達家族と離れ、
単身赴任だったパパがミャンマーから
本帰国して戻ってきました。
それはそれで私にとって一大事なのですが(笑)、
もっと大変な出来事が起きました。

その頃ちょうど季節の変わり目で寒くなったり暑くなったりと、
身体の調子を崩してもおかしくない日が多かったのです。
そして今までほとんど風邪などひかなかった同居している認知症の実父が
咳き込むようになり、日に日に悪化していきました。
デイサービスもお休みしましたが病院に行きたくないようなので、
市販の咳に効きそうな薬を買って服用させておりました。
咳もだいぶ良くなって1箱が終わりそうになった頃、
久しぶりにお風呂に入りパジャマになり晩酌をして早めに就寝、
私達はパパと外食に出ました。そして夜8時頃帰宅。

「あれ?。。。」

鍵が開いていて実父の靴がなく、
家の中に実父の姿はありませんでした。。。。


ー  徘徊 / はいかい  ー


この文字が頭をよぎり、パパと2人で手分けして近所を探しまわり、
これで帰って家に戻ってなかったら警察に行こう、と決めていて戻ったら
次男が家の電話で交番の方と話をしておりました。
実父を保護しているので、これから家まで送って下さるとの事。

よかった〜〜〜!

なんとか無事に家に戻りましたが、それまでの1時間くらいでしょうか、
心配で心配でちょっとパニック状態でした。

本人曰く、その日泊る事になっていたデイサービスに行こうと
したらしいのですが(本当は次の日)、途中でわからなくなり、
近くの倉庫の事務所へ行き、自分から交番へ連絡してほしいと頼んだと。
服装はパジャマではなく普段着でした。

とにかく怪我もなく戻って来てくれたので良かったのですが、
外は真っ暗ですし、この時期は寒くなりかけで、
そのまま歩き回って事故にあったり、どこかに落ちてしまったら
などと考えるとぞっとします。

結局また咳が出るようになり、風邪のぶり返しです。

そしてまだ続きます。
その後の事です。。
時々ですが、ちょっと目つきが鋭くなりこんな事を言うように。。。

「窓の向こうに犬が3匹いて1匹はバイクに乗っている。ほら、あそこ、見えるだろ?」
「クーラーの下に扇風機が3個ある。」
「ここに金魚がいる」(壁のガラスブロックを指さして)
「トイレの便座のところに水が流れている。」
「窓から稲穂が流れ落ちている。」
などなど。。。。

まさに幻覚ですよね。

「自分の母親の面倒を見ないと行けないので、お金を稼ぎに行くのに
必要な自転車を買いに行って来る。」(お財布を持ちながら)
「今日は朝から頭の中でお経が流れている。」

とも。

そして朝5時頃セキュリティ会社の防犯ブザーがなり、
慌てて外に出ると実父がパジャマ姿で外にいたのが2回ありました。
その際も訳の分からない事を話していて、
本当に頭の中がどうにかなっているようです。

脳神経外科の先生に診てもらい検査もしましたが、異常はなく、
もしかしたら市販の風邪薬の副作用かもしれないので、
しばらくしてお薬が身体から抜けて体調も良くなったら
なくなるでしょう、と。


あれから2週間以上。
結局副作用だとははっきり言えませんが、長引いた風邪も治り、
幻覚や徘徊は今はなくなりました。


認知症、要介護1で性格も穏やか、割と素直にデイサービスにも
通っていたので、「徘徊」なんてまだまだと思っておりましたから、
私は本当にショックでブログにもなかなか書けませんでした。

本帰国後の休暇を利用して夫婦2人で平日ゴルフを楽しみにしていたのですが、
残念ながらキャンセルしました。長男の学園祭に家族で行くのも止めました。
自宅レッスンや外でのワークショップは予定が入っていなくて良かったです。


そして当時、父とほぼ同時に私も久しぶりに風邪を引き精神的にも
弱くなってしまいましたが、頼りになるパパが支えてくれたので
なんとか乗り切ることができ、本当に有り難かったです。

徘徊の時には真剣に父を探してくれましたし、
警察に行くという提案も出してくれたし(私は思いつかなかった)、
やっぱり夫婦ってこういう時に
助け合うようになっているのかな。。。

パパが単身赴任の時、家では私しか家族を守る事ができません。
家を守る事、家事全般、健康管理、子供達の習い事や部活、塾の送迎、
家のメンテナンス、訪問者の対応などなど全て
自分1人でこなしました。
長男の大学入学や一人暮らしの引っ越し準備の時は
疲れ果てて倒れそうになった事もありました。
玉中で一番大変と言われるバスケ部会長の
任務もやり遂げましたよ。


この期間は自分が思っていた以上に
気を張って生活していたのかも知れません。
それが、頼れる人がいると分かり、つい甘えてしまったのかな。
ちょっとだけ熱も出ました。
この時、家事を手伝ってくれたパパや子供達に本当に感謝です。
ちょっと家事をしてもらうだけでも、ずいぶん違います。
1人でないって、こんなにも楽なんだ〜〜〜、って
つくづく、心底、本当に思いました!!!


もしかしたら実父もそんなのがわかって具合が悪くなったのかな。。。
私を休ませようとしたのかな。
でもね、ゴルフは行かなくていいよ、って思ってたのかな。。。
いやいや自分も具合悪くしてまで、しないですよね。


。。。と、今だからあれこれ考えてしまう私です。


月曜日の午後、パパのミャンマーからの引っ越し荷物が届きました。
ほとんどはバスコートに置いておきますが、我が家の断捨離が
あと少しなのでそれも頑張らねば。



そして今週からレッスンやゴルフ、ワークショップ、バンコクのママ友ランチ、
長男の2度目の学園祭にとイベントが目白押しで、もう既に始まっております!

今回の徘徊騒動を除いても、出来ない事がだいぶ増えてきている
実父の介護も引き続き頑張りますし、
その中で自分自身の事も大事にして、
楽しむようにしたいと思います。


パパも戻ってきたことですし、いいですよね?





長文になりましたが、おつきあい頂きまして、
ありがとうございました。






リホママ








0 件のコメント :

コメントを投稿